色素のある場所に合わせて|ヒアルロン酸注入でピッチピチの肌を|笑顔溢れる人生に
ウーマン

ヒアルロン酸注入でピッチピチの肌を|笑顔溢れる人生に

色素のある場所に合わせて

背中

腕や指の場合は

腕や指などは、背中に比べて大きな刺青を入れることが難しい場所です。そのため、アクセントで小さなものを入れる人が多い傾向が見られます。このことは、将来刺青を除去する場合にも有利に働くので、将来を見越して除去しやすい単色の小さな刺青にしておくのもいいでしょう。小さなサイズの場合は、レーザーだけですぐに消えますが、ブレスレットや指輪のように肌を囲んだタイプの刺青の除去は切除となります。場所によっては身体にとって大事な血管やリンパがあるので、手術を受けることが不安な人もいるかもしれません。しかし、合併症のリスクを避けるために、数回に分けて慎重に切除を行いながら、確実に除去していくので安心しても大丈夫です。

背中やお腹などの場合は

背中は最も大きな刺青を入れることができる部位です。昔から緻密で迫力のある見事な刺青が、プロのテクニックで彫られてきました。黒や青だけなら大きめのものでもレーザーで消すことができますが、数回に分けて切除するのが一般的なようです。色彩が鮮やかで緻密なものだと、色素が皮膚の奥深くまで入り込んでいるので、剥削や植皮などで除去を行います。お腹は普段刺青が洋服の下に隠れているので、水着姿になった時にアクセント的な視覚効果を狙って入れられることが多い部位です。基本的に数回に分けて皮膚を切除することになりますが、大切な内臓がある場所なので、信頼できる医師に手術をしてもらうようにしましょう。どちらの部位の場合も、アフターケアが重要です。